家庭でエコな発電を!太陽光発電の上手な扱い方を学ぼう!


設備が小規模で済むが日照時間に影響される

太陽光発電は小規模な設備で電力を賄うことができるため、個人で所有することが可能です。住宅用の発電設備として広く普及していますが、日照時間が発電量に影響する点を注意しなければいけません。特に周囲に日光を遮る障害物があると晴天でも発電量が低下します。そのため、ソーラーパネルは日陰にならない開けた場所に置くことが重要です。住宅なら屋根やベランダの他、壁面に貼り付ける方法もあります。

既存の発電設備と併用するのが上手な使い方

太陽光発電は火力や原子力とは異なり、自然環境への悪影響が無い発電システムとして注目されています。大掛かりな設備が不要なことから配線設備を置くことが難しい離島や山間部での使用に向いていますが、天候の良し悪しで発電量が変化する欠点もあります。電力の安定供給には不向きであることから、太陽光発電だけで必要な電力を賄うのは容易ではありません。個人向けの小規模な設備はさらに発電量が減少するので、既存の発電設備から供給される電力の使用量を減らすために太陽光発電を利用するのが上手な使い方と言えます。

設備の状態を良好に保つのが発電量を保つ秘訣

日照時間が長く日陰にもなっていないのに発電量が低下している場合は設備の劣化が疑われます。ソーラーパネルや変電設備が傷むと発電効率が著しく損なわれるので、定期的に設備の交換が必要です。特にソーラーパネルは経年劣化の他、汚れの堆積で日光が遮られる弱点があるのでこまめなお手入れが欠かせません。環境に優しいエコロジー発電を利用するには設備の状態に気を配ることが何よりも重要と言えます。

太陽光発電の価格は設置にかかる費用が年々低くなってきています。また売電価格も毎年下がっており、一戸建て住宅でも太陽光発電を導入しやすくなっています。